水素が消えない!強い水素水生成器

より多くの水素が体内に入る!消えない強い水素水生成器のオススメ

より多くの水素を体内に入れるには原子がその鍵を握っています

では、どうして水素原子でないと活性酸素を除去できないのでしょう?

 

水素は体内に入るとすぐに活性酸素と結びついて、それを中和(還元)する
という性質があります。

 

・OH(活性酸素)+H(水素原子)=H2O(水)

 

悪玉だった活性酸素(・OH)は水素原子(H)と結びつくことで
無害な水(H2O)となり、尿として体外に排出されるのです。

 

有害を無害に変えてしまう水素のチカラ!

 

ただし、水素と言っても活性酸素と結びつくのは水素原子(H)であって
水素分子(H2)ではありません。水素分子と活性酸素が結合してできる
のはH3Oで、H2Oではないからです。

 

通常、自然界では、水素は水素原子(H)として存在することは不安定なの
で、水素分子(H2)としての状態で存在しています。

 

ということは、水素水を得るには人工的に水素原子(H)を作り出す必要が
あるのです。どうしたら水素原子(H)を作り出せるのでしょうか。

 

金属マグネシウムか、交流電気分解か

 

水素原子を発生させるには二つのやり方があります。

 

@金属マグネシウムとの化学反応

 

ミネラルである金属マグネシウムが水と触れ合うことで発生します。

 

A交流電気による攪拌(かくはん)

 

通常のサーバー型水素水と言われる方法では、
水素分子しか発生しません。
交流電気でないとダメなんです!

 

このようにして得られる水素原子(H)を豊富に含んだ、健康のためのお水、
活性水素水。家庭でも手軽に作れるのです。それが家庭用の水素水生成器。
※活性水素水=原子が含まれている(沸騰しても水素持続)
水素水=水素ガス(沸騰したらタダの水

 

おすすめの水素水生成器はこの二つだ!

 

数ある水素水生成器の中でもおススメは次の二つ。
きちんと水素原子を発生させ、良質の水素水を作ります。

 

@アクアクローバー(サーバー型で唯一の原子)

 

サーバー型の水素水生成器。交流電気分解方式で水素原子を発生させ、
水素水を生成します。場所をとらない卓上型浄水器のようなフォルム。
普通の水道水をそのまま入れてスイッチオン。20分後にはカラダに
うれしいナノバブル水素水ができあがります。

 

活性酸素の抑制率は煮沸・冷蔵しても変わらず生成3日後でも落ちません。
水として飲むだけでなく、コーヒーや紅茶、料理にと多用途に活かせます。

 

A水素水7.0ppm(マグネシウムで原子発生)

 

マグネシウムスティックを耐圧ペットボトル容器に常時入れておくことで
水素原子を発生させ続け、水素水を生成します。耐圧ペットボトル内の気圧
は高まり、1気圧当たりの限界値1.6ppmを超える、
なんと7.0ppmという超高濃度の水素水ができます。

 

驚くほど高濃度ということは、水を飲む量が少なくても水素がしっかり
働いてくれるということ。たくさん水が飲めない高齢者や病人に適している
せいか、医療現場でも支持されています。
通常水素水は、毎日1リットル〜2リットル位のむ必要がありますが、
これだけ高濃度であれば500mlでも大丈夫です。

 

それでいてコストも安い。500mlペットボトル1本あたり、たった180円です。
水素原子が濃くて、持続して、しかも安いのですから、
より多くの水素を体内に入れるのにベストの水素水生成器です。