水素が消えない!強い水素水生成器

アクアクローバーとは?

アクアクローバーとは?
アクアクローバーは、日本で使うことができるナノバブル水素水生成器です。汲置型交流電解方式というものを採用しており、これは日・米・英・仏・独・中・韓・台湾・スイスの国々で特許を取得しています。この交流電気分解の新技術の特徴は、20分間で36,000,000回もの回数、攪拌することが可能です。1秒間では30,000回の攪拌となります。高周波で電気分解、低周波で攪拌、というシステムにより、効率よく高濃度の水素を生成ことが出来ます。発生後、それをMg合金板から溶け出したミネラル群であるMgイオンやZnイオンで約72時間保存できるとされています。

 

使いやすさが特徴
本体のガラスボトルに液体を入れれば、約20分で生成することが可能です。手軽なポットタイプで、業者を呼んでの取り付け工事などの手間も一切必要ありません。大きさは幅×高さ×奥行き=266.5×216×165(mm)で、キッチンなど狭いスペースに置くのにも適しています。重さは乾燥状態で2.1kg程度なので、力の弱い女性でも、抱えて移動させることも出来ます。また、ガラスボトル有無感知機能や過電流感知機能がついている安全設計なのも特徴です。ガラスボトルが装着されていない状態で間違って作動させてしまっても作動しませんし、過電流が流れた時にも自動的に感知して止まってくれます。

 

パーツが少ないのでメンテナンスが楽
アクアクローバーは、本体、ガラスボトル、ガラスボトルふた、ACアダプター、マグネシウム合金板ケース(マグネシウム合金板入り)の少ないパーツで構成されています。パーツが多いと機構が複雑で、メンテナンスや修理が大変です。しかし、アクアクローバーはパーツがシンプルなので、メンテナンスが非常に楽です。ガラスボトルを取り外してさっと洗えば、普段のお手入れは完了します。パーツには代えのものも入っているので、失くした時にも安心です。アクアクローバーとは?
アクアクローバーは、日本で使うことができるナノバブル水素水生成器です。汲置型交流電解方式というものを採用しており、これは日・米・英・仏・独・中・韓・台湾・スイスの国々で特許を取得しています。この交流電気分解の新技術の特徴は、20分間で36,000,000回もの回数、攪拌することが可能です。1秒間では30,000回の攪拌となります。高周波で電気分解、低周波で攪拌、というシステムにより、効率よく高濃度の水素を生成ことが出来ます。発生後、それをMg合金板から溶け出したミネラル群であるMgイオンやZnイオンで約72時間保存できるとされています。