水素が消えない!強い水素水生成器

持ち歩きに便利な水素水ポケット

持ち歩きに便利な水素水ポケット
水素水ポケットは持ち歩きにもオフィスにも便利な携帯タイプ
携帯用水素水サーバーポケットは、コンパクトで携帯もできるタイプです。オフィスのデスクの上に置いても、コンパクトですから邪魔にはなりません。マイボトルを置くような状態で、気軽に飲みたい時に、スイッチオンして10分で飲めるので便利です。その場で作りますから、濃度も納得のレベルです。電源を使う方式ですから、充電はコンセントのある場所で行うことなります。サイズも邪魔にならず、携帯に便利なのは特徴的です。

 

水素水ポケットは日々のメンテナンスも便利
通常にサーバータイプは、横向きに置くとサイドから漏れたりします。ポケットみたいには分解不可ですから、洗ったあとに濡れてしまい、故障の玄品にもなります。数回のスイッチオンで、充電がなくなってしまうので、持ち運びにも継続できないことが多くなります。ポケットの場合、ねじフタ敷ですから、密封もしっかりです。ベースの白いゾーンが、斜めのデザインになっているので、ボトルの水色の部分を、まっすぐに入れます。簡単に分けられるので、洗うのも楽ですし、清潔な状態をキープできます。

 

家計にも優しいポケット
水素水ポケットは、スイッチオンで10分というお手軽さも特徴的です。1回に3時間充電をすることで、40回から50回文を作ることが可能です。気になる充電にかかる費用は、1回あたり2円という、経済的にも優しいプライスです。どこにでも持参できる上に、家計にも優しいですし、その上からだにとっても優しいです。ほかのタイプを比較してみても、経済的なのがわかります。パウチパックの場合、500mlあたり300円だとして、1日に2本飲んで1年間で20万円を超える計算になります。缶のボトルの場合で考えてみると、310mlあたり150円くらいで毎日2本飲むと、難関で10万円を超えます。ポケットの場合、5万円台で済みます。維持費としては充電にかかる費用の1回2円ですから、お得感のレベルがわかります。